What's a Frivolous Journal
スパム対策のため、コメント・トラックバックは承認制をとらせていただいていますが、お気軽にコメントをいただけるとうれしいです。
極めて私的な日常をとりとめもなく綴るブログです。ずっと休止したままですが・・・

プロフィール
性別:♂
特性:温厚時々沸騰、人当たりはいい、バランスをとる、おせっかい、人見知り、涙もろい、考えすぎる、頑固
行動:打つ、泳ぐ、走る、観る、撮る、歌う、縫う、作る
天敵:宗教、権威、圧力、悪口、裏切り、束縛、ゴキ××
ブログパーツ
以前の記事
++ カテゴリ:カバンをつくる( 100 )
++ お受験バッグの色違いとミニバージョン
a0000800_233601.jpg
a0000800_2335583.jpg
お受験バッグ(レッスンバッグ)が先月末にまた一つ売れた。これで店頭にはシンプルなネイビーのみとなったので、試しに色違いのものを作ってみた。オレンジとサフランという鮮やかな組み合わせだ。色以外の仕様は全く同じ。リバーシブルで使えるのも同じ。色が違うだけでぐっとかわいい印象になる。これに何かワンポイントで刺繍なんか入れたら確かにぐっと引き締まるだろう。このためだけじゃなんだが、やはり刺繍ミシンがほしいなと思ってしまう。

もう1つは以前から構想していたお受験バッグ(レッスンバッグ)のミニサイズ。大サイズが40cm×30cm×3cmで、ミニサイズは35cm×25cm×3cm。リバーシブルで使えるのは同じだが、表側にもミニポケットを付けてみた。しかも角丸。角丸ってきれいに仕上げるには結構気を遣う。今回もストライプがちょっと曲がってしまって不満が残った。まあ、たぶんこれは、例えばお好きな柄の布を持ってきてもらって、オプションで取り付けるということになるだろう。

ちなみに大サイズもミニサイズもミニポケットを付けなければ制作時間はほぼ同じ。材料費だってほとんど変わらない。しかし金額は1000円も違ってしまう。大サイズですらあまり利益率は高くないのに、ミニサイズだとホントに厳しいかも。同じ色である程度数をまとめて作らないとダメだな。
[PR]
by neoxac | 2010-08-08 23:43 | カバンをつくる
++ 久しぶりのカバンづくり(遠州縞紬薄マチトート)
a0000800_23284656.jpg
先週、新しいオーダーをいただいていたので、週末を使って久しぶりにカバンづくりに励む。励むといっても、もう何個も作ってきたのでかなり手慣れてきている。それよりも久しぶりってことの方が問題。実に3週間ぶり。せっかく工房を借りているのにこれじゃあもったいなすぎる・・・。

さて、今回のオーダーは、本体が青紫色(バイオレット)で、持ち手が革で長め。この外側だけだと、6月にオーダーをいただいた“アバンギャルドな”色調のトートと全く同じ仕様。しかし、今度は内布が生成ベースのさわやかなブルーとグリーンのストライプ柄に変更。内布はほとんど見えないはずだけど、これを変えるだけでずいぶんと印象が変わるものだ。今回のものはある意味自分好みの組み合わせ。
[PR]
by neoxac | 2010-08-07 23:59 | カバンをつくる
++ 遠州縞紬×帆布トートL(チャコール×茶)
a0000800_1232639.jpg
これまで薄マチトートばかりオーダーをいただいていたが、今回初めて、大きなサイズのトートバッグのオーダーをいただいたので、さくっと製作。本日午後納品予定。月曜日にオーダーをもらっていたので、1週間経ってない(最速)。オーダーしていただいた方は、男性で、お寺の住職さんらしい。本体がチャコールグレーで、持ち手と底、そして内布が茶系というのは、渋くてまさに「らしい」仕上がり。今までほとんど生成で作っていたし、薄マチトートは逆にカラフルなものばかり作っていたので、この色調、何だか作っていてとても落ち着く。

今回、ちょっと仕様を変更...More
[PR]
by neoxac | 2010-07-16 12:17 | カバンをつくる
++ 工房開設3ヵ月
a0000800_1637076.jpg

気がつけば、勢いで借りた工房も早3ヵ月。おかげさまでオーダーも少しずつ入るようになってきた。同時に新たな悩みも生まれ、なかなか悩ましい日々が続く。良かったのか、早まったのかわからないが、始めてしまったので悩んでも仕方ない。まあ何とかなるさ。アハハ。
[PR]
by neoxac | 2010-07-15 16:37 | カバンをつくる
++ 革のタグ到着。
a0000800_21211526.jpg

カバンにつける革タグがようやく完成。注文してからちょうど1ヵ月。薄マチトートなどのライトなものには布製の小さなタグをつけているが、こちらはもう少しがっちりとしたカバン用。ちょうど大きいトートのオーダーをもらったところだったので、滑り込みセーフで安堵。
[PR]
by neoxac | 2010-07-14 21:21 | カバンをつくる
++ 遠州縞紬×帆布薄マチトートバッグ(ピンク:展示用新色)
a0000800_0222969.jpg
もっと目を引く配色のものが合った方がいいと言われ、自分自身難色を示していたショッキングピンクの帆布を新たに投入し、ほぼ補色関係にある青紫の革と遠州縞紬をあわせたものを作成してみた。どう見ても派手である。どう見ても自分の好みではない。しかし納品に行ったときにいたお客さん(前にオーダーしていただいた方)には、かなりドツボだったらしく、何だかそのまま買いそうな勢い。帆布の色見本を見た知人(♀)もいの一番でこのショッキングピンクに興味を示したし、最近じゃあ、男子の服でもショッキングピンクがあったりするので、老若男女問わず、はまる人にははまるだろう。一つお勉強。

ちなみに、同時に納品したインディゴ×ターコイズブルーのお受験バッグも好評。お受験バッグというより、大人が持ってもいいかもって。子ども向けじゃないなら、単価を上げたいんだけど、もう遅いか・・・。
[PR]
by neoxac | 2010-07-12 23:59 | カバンをつくる
++ ミニトート試作(アウトレット)
a0000800_142795.jpg

お客様が何度も足を運んでいただいているということを聞いて、大急ぎで試作品を仕上げた。激務の連続でほとんど電池切れ状態だったのだが、もうひとがんばり。一応完成はしたものの、最後のまとめで失敗。縫い目が乱れて売り物としてはNG! ひとまずサイズサンプルとして店頭へ。もうカラダが使いものにはなりません。土曜日から月曜日は実家へ帰省。あまり休めそうにないかも。
[PR]
by neoxac | 2010-07-03 01:42 | カバンをつくる
++ オーダー品と試作品
a0000800_2348044.jpg
a0000800_23481352.jpg
なかなか手が付けられなかったオーダー品を一気に仕上げる。同時に「お受験バッグ」の試作もしてみる。

上の写真が新規オーダーを受けたもの。本体が青紫で持ち手も本体の飾りも同色の革を使っているが、内布は真っ赤な遠州縞紬。ものすごく派手で個性的。自分にはこのコーディネートはできない・・・。ちなみに持ち手の長さはご希望により45cmと長めにして、肩から掛けられるようにしている。この縦型トートバッグはあと2つ別の色違いのものも仕上げた(前回注文していただいた方から全く同じオーダーを受けたので写真は省略)。

下の写真が「お受験バッグ」の試作品。別に2つ作ったわけではなく、薄手の11号帆布を2枚使ってリバーシブルにしてみたのだ。基本的に無地で味気ないので・・・。片側が紺、片側がブルーの2色使いで、ディテールもちょっと異なる。紺の方は、上下で帆布をつなぎ合わせて、ブルーの方は真四角のポケット付き。まあ、実際にリバーシブルで使わないのかもしれないけど、まあ、特別な作り方をしているわけではないので、こういうギミックもありかなということで。

あともう一つ、本当はミニトートバッグの試作もしたかったがタイムオーバー。さて次はいつだろう。

そのほか...More
[PR]
by neoxac | 2010-06-26 23:56 | カバンをつくる
++ 作家活動ってなに?
ホッピンフロッグにしても、月箱にしても、出品者は「作家さん」と呼ばれている。でもこの呼ばれ方にはまだ違和感がある。ビジネスとして出発しているので、個々人として「作家活動」をしている意識はないし、そこまで自分を全面に押し出したモノを作っていないからだ。確かにオリジナリティを追求した、自分の好きなカバンを売ろうとしているのは確かだが、「作家」という言い方には「売れなくてもいいので、自分の好きなものを作りたい」という偏見も少なからず存在する。また、買う側の趣味の延長なら安いでしょ・・・という認識そのものが作家活動メインで生計を立てたい人の土台を揺るがしかねない。一つひとつ手作りすれば、市販品より高くなるのは当たり前。しかし、「趣味と実益を兼ねて」とか、「趣味の延長で」作っている人が利益が出ないような値段設定をしてしまうと、本気の作家さんたちは非常に困ってしまう。ただ、だからと言って高額に設定しても売れないので、結局どんどん安くなるという悪循環に陥る。

そりゃ僕だって、手作りをして、それに見合う対価が得られれば、胸を張って「作家」活動に没頭したい。だけど、趣味であれば、ここまで身を削ってカバンを作ったりはしない。やっぱりある程度利益が出るような展開をしていきたい。きちんとビジネスとして成り立たせるためには、例えば企画や試作品だけを作って、製作は工場などへ発注して、まとまったロットを出荷しなければならないだろうが、そうするとはや「作家」というくくりのなかで活動はできない。

しかしじゃあ...More
[PR]
by neoxac | 2010-06-23 23:59 | カバンをつくる
++ いくつか問い合わせ(要試作)
まだまだ体調は十分ではないが、そうそう休んでもいられないので、仕事に復帰。カバンのことはひとまず頭から離して・・・と考えていたら、2つほど問い合わせと打診があった。

1つはお店のお客様からの問い合わせで、遠州縞紬のトートバッグ(当初納品した大きなもの)の小型のものがないかということ。OLさんが使っているランチトートよりは大きいものが希望らしい。あいにくその大きさのものはまだ試作していないが、ラインナップのリストには入っていたので、せっかくなので試作品をつくって見せてあげたいなと思う。

もう1つは、お店のオーナーさんからの打診。お受験用のバッグ市場なるものがあるらしく、近々折り込みチラシを出すので、よかったら作ってみませんか?ということ。お受験用なので本体は制服と同じような濃い紺で、内布も含めて極めてシンプルにしなければならない。当然縞紬は使わない(使えない)。企業が大量生産して安く提供することもできるんじゃないかと思うわけだが、ショップを利用するってことは、ちょっとは大量生産ものにない個性みたいなものがあった方がいいのだろうか? 幸い、型紙自体は、1年前に友人の小学校入学用に作ったレッスンバッグのものが流用できそうだ。あとは素材選びと製作の効率化だろう。

せっかくの機会だ。両方ともぜひとも対応したい。しかしいずれにしてもデザインの仕事との両立が必要なので、どこで時間を作ろうか、悩ましい。
[PR]
by neoxac | 2010-06-21 22:20 | カバンをつくる


       
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
auからもスマートフォン..
from 間違いだらけのスマートフォン選び
還暦プレゼント何にする?
from 還暦プレゼント何にする?
ゴヤール トート
from ゴヤール トート
個展等貸し画廊レンタルギ..
from 個展等貸し画廊レンタルギャラ..
カメラマン・アシスタント..
from カメラマン・アシスタントの求..
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧