What's a Frivolous Journal
スパム対策のため、コメント・トラックバックは承認制をとらせていただいていますが、お気軽にコメントをいただけるとうれしいです。
極めて私的な日常をとりとめもなく綴るブログです。ずっと休止したままですが・・・

プロフィール
性別:♂
特性:温厚時々沸騰、人当たりはいい、バランスをとる、おせっかい、人見知り、涙もろい、考えすぎる、頑固
行動:打つ、泳ぐ、走る、観る、撮る、歌う、縫う、作る
天敵:宗教、権威、圧力、悪口、裏切り、束縛、ゴキ××
ブログパーツ
以前の記事
++ とある社長さんの熱い想い
大学の友人に制作会社の社長さんがいる。
あ、こういうと注意される。
本人曰く、中小企業の「戸締まり役社長」なんだそうな。
年齢は、僕よりも一つ上。
今日は、渋谷に資料を届けに行く用事があったので、
そのついでにその友人の会社を訪ねた。

その友人は、ともかく「熱く」語ってくれる。
一緒にいった女性Webデザイナーもつられて熱くなる。
僕はまだまだついていけないところがあるので、
ちょっと引いたところで二人の話を聞いている。
時々横やりを入れる。

「仕事でもなく大学でもない活動ができないかな」

しばらく前からの話題である。
デザイナーって何だろうということを問い続けている。
通信制の大学には色んな人が集まっているので、
社会を動かすようなムーブメントを起こせるのではないか。
大学の先生も期待しているらしい。

ただ表層的な装飾に長けているだけではデザイナーではない。
これからは、例えば企業のコミュニケーションを促進する
コンサルティングが必要ではないのか。

熱い想いが伝わってくる。
ある意味、みんな悩んでいるポイントは似ているようだ。

世間的に見ると、デザイナーというと、
指示されたことにしたがって、
きれいにデザインするだけという印象が強い。
いや確かにそうなんだが、
デザイナーって本来、色んな意味での「設計者」であるので、
表層的なものだけでなく、物事の本質に切り込んでいき、
それをグラフィックを通じて解きほぐしていくことが
デザイナーのあるべき姿なのかもしれない。

そんなことを考えていると、日常的な仕事に影響が出てしまうので、
ふだんは頭の外に追いやっているのだが、
そろそろ逃げてはいられない時期にさしかかってきたようである。
問題の根は深いなあ。
[PR]
by neoxac | 2004-08-31 21:39 | フリーのお仕事(終了)
<< iMac G5って・・・ ↓頭固いですねえ。 >>


       
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
auからもスマートフォン..
from 間違いだらけのスマートフォン選び
還暦プレゼント何にする?
from 還暦プレゼント何にする?
ゴヤール トート
from ゴヤール トート
個展等貸し画廊レンタルギ..
from 個展等貸し画廊レンタルギャラ..
カメラマン・アシスタント..
from カメラマン・アシスタントの求..
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧