What's a Frivolous Journal
スパム対策のため、コメント・トラックバックは承認制をとらせていただいていますが、お気軽にコメントをいただけるとうれしいです。
極めて私的な日常をとりとめもなく綴るブログです。ずっと休止したままですが・・・

プロフィール
性別:♂
特性:温厚時々沸騰、人当たりはいい、バランスをとる、おせっかい、人見知り、涙もろい、考えすぎる、頑固
行動:打つ、泳ぐ、走る、観る、撮る、歌う、縫う、作る
天敵:宗教、権威、圧力、悪口、裏切り、束縛、ゴキ××
ブログパーツ
以前の記事
++ 遠州縞木綿を入手
a0000800_11412059.jpg
先週、久しぶりにオークションをのぞいていたら、ちょっと気になる生地を発見。しばらく様子を見つつ、やっぱり手にとってみたくなって入札、そして落札。本日その生地を受け取った。生地は「遠州縞木綿」という。調べてみると浜松を中心とした地域で昔から作られている紬のようだ。そして活性化のために「遠州縞プロジェクト」という活動も行われている。まちづくりや地域活性化のプランニングをする仕事を以前していたので、こういう活動にめっぽう弱い。何か自分にできることはないかとつい考えてしまいがちだ(当時は、主に行政の立場からのお手伝いだったため、ちょっとフラストレーションがたまっていたのも確か)。



まあ、それはおいておくとして、この遠州縞木綿、名前の通り「縞」模様が特徴。昔ながらの風合いを保ちつつ、鮮やかな色を加えた「古くて新しい」デザインがいい。ざっくりした織りと落ち着いた色合いは自分好み。派手でもなく地味でもなく、マルチボーダーで有名なポール・スミスやそのコピー商品とは全く違う表情を見せてくれる(比較の対象はあまりよろしくないか・・・)。

今、オーガニックコットンやタンニン染めの帆布、あるいは綿麻キャンバスといったナチュラルな素材と色合いの生地を使ったカバン(トート型)の企画を考えていて、その裏地とかワンポイントにぴったりではないかと。それに「帆布×遠州縞木綿」と書いただけでインパクト大! 考えてみれば、前のミニトートバッグも「帆布×金襴」。どうも和物に弱いようだ。しかも帆布は地元岡山(倉敷)の地場産業。もともと町並み保存とか研究してたからなあ・・・。やっぱりDNAは変わっていないのかも。

↓今回入手した6種類。幅が狭い(37cmぐらい)ので、大きなカバンに使うときは、途中でつなぐ必要があるけれど、ちょっと見方を変えると、この幅を生かしてパターンを起こすのも一つの方向かも。色々と試行錯誤してみよう。
a0000800_11412899.jpg

[PR]
by neoxac | 2010-02-24 11:56 | カバンをつくる
<< 生地の購入 ミニトートバッグ販売用のPOP完成 >>


       
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
auからもスマートフォン..
from 間違いだらけのスマートフォン選び
還暦プレゼント何にする?
from 還暦プレゼント何にする?
ゴヤール トート
from ゴヤール トート
個展等貸し画廊レンタルギ..
from 個展等貸し画廊レンタルギャラ..
カメラマン・アシスタント..
from カメラマン・アシスタントの求..
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧