What's a Frivolous Journal
スパム対策のため、コメント・トラックバックは承認制をとらせていただいていますが、お気軽にコメントをいただけるとうれしいです。
極めて私的な日常をとりとめもなく綴るブログです。ずっと休止したままですが・・・

プロフィール
性別:♂
特性:温厚時々沸騰、人当たりはいい、バランスをとる、おせっかい、人見知り、涙もろい、考えすぎる、頑固
行動:打つ、泳ぐ、走る、観る、撮る、歌う、縫う、作る
天敵:宗教、権威、圧力、悪口、裏切り、束縛、ゴキ××
ブログパーツ
以前の記事
++ 最近手に入れたツール3点
a0000800_2374667.jpg
今日午前中に荷物を受け取った。ブツは、カッティング・ビニール板と呼ばれるもの(写真中央の薄い緑色のシート)。要するにカッターマットのこと。そこらの文具屋で売られているものとは、大きさも材質も異なる。大きさは150cm×90cm、材質は厚手の塩化ビニールで弾力性がある。巨大なデスクマットと言った方がぴったり。以前、フリーのときにパソコン台代わりに使っていた巨大な合板の大きさにジャストサイズなので、合板を一回り小さなテーブルの上において、その上にカッティング・ビニール板を置いて、より大きな作業台が完成。そしてより工房らしくなった(ちょっと雑然としているのでなおさら)。



今までは普通の固めのカッターマットを使っていた。しかし布を切ることを想定した製品ではないので、表面が薄く固いため、布が滑りやすく、余分な力がかかってしまう。そのため裁断後にはどっと疲れが来るわ、カッターの刃もちょっと力を入れると先がすぐに折れてしまうわで、作業効率がいいとは決していえない状態。ところがカッティング・ビニール板のあるスクールで裁断すると、表面が柔らかいので、腕への負担が少なく、布も滑らない。家での苦労がまるで嘘のように裁断がはかどることに改めて感動。最近販売用のカバンをつくっているときも、あとで相当腕が疲れてしまったので、思い切って買うことにした。ずっとその値段で迷っていたのだ。この大きさで2万円ぐらい。でもまあいっか、ってな気分。

その他のツールもついでに紹介。

↓要するにただの重り。布を裁断するときに、型紙の上においてずれないようにして使う(今まではトレーニング用のダンベルを使っていた・・・)。ただの重りなのに結構高額。シルバーの四角い重りは一つ7千円!
a0000800_2375523.jpg
↓ミシンの押さえの一つで、左段押さえという。布の端を1mmとか2mmとかで縫うときに、針が落ちないように、押さえ自体に段差がある。布の端にひっかけるようにして縫うと、等間隔でまっすぐな縫い目になる。縫う幅によって0.5mm単位で何種類もあって、必要に応じて買うと便利。僕は1mm、2mm、3mmのものを購入。ただ、これも高額。一つ2500円ぐらい! 便利だが職業用ミシン専用なので、家庭用ミシンでは使えない。
a0000800_238384.jpg

道具だけはひととおり揃ってきた。部屋の中はすでに「工房」そのもの。その傍らで寝ているようなもの。もっとたくさんカバンを作らないと、元が取れないぞ。
[PR]
by neoxac | 2010-02-19 23:27 | カバンをつくる
<< ミニトートバッグ販売用のPOP完成 カバンの販売用のチラシ(POP用) >>


       
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
auからもスマートフォン..
from 間違いだらけのスマートフォン選び
還暦プレゼント何にする?
from 還暦プレゼント何にする?
ゴヤール トート
from ゴヤール トート
個展等貸し画廊レンタルギ..
from 個展等貸し画廊レンタルギャラ..
カメラマン・アシスタント..
from カメラマン・アシスタントの求..
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧